ファイルレス形式「BlueKeep」の脆弱性V3行為検出映像

2019年5月14日、MicrosoftはBlueKeep(CVE-2019-0708) の脆弱性に対するパッチのために緊急のセキュリティ更新プログラムを通知した。また、すでにサービスのサポートを終了した OS(Windows XP、Windows Vista、Windows Server2003) までの更新を例外的に提供し、BlueKeep の脆弱性を2017年の EternalBlue の脆弱性と同じく、「Wormable(ワームの侵入を許す)」脆弱性として悪用される可能性があると警告した。 BlueKeep は、クライアントとサーバー間の…

V3 Lite 4.0 新しい検出機能の紹介:マグニバー(Magniber)ランサムウェアのブロック

ファイルレス(Fileless)形式で動作するマグニバー(Magniber)ランサムウェアは、2018年4月にASEC のブログを通して復旧ツールを配布した後、暗号化方式の変化によって2018年6月から現在までに登場しているすべての形式において、復旧が不可能な形態で拡散している。現在も国内での被害事例が多い状況であり、IEの脆弱性(CVE-2018-8174)を利用して拡散しているため、IEユーザーの場合はセキュリティパッチの適用が必須とされている。 AhnLab ASEC 分析チームでは、Magniber ランサムウェアの拡散場所を継続的に監視しており、1)11月11日以降、動作方式の変化を確認した。どのような動作方式の変化があったのかを説明し、V3 Lite 4.0 製品に新しく適用された「プロセスのメモリ診断」検出機能による2)暗号化ブロックのプロセスを紹介する。 Magniber ランサムウェアは、IEブラウザの脆弱性を利用した感染により(別途ファイル生成を行わずに)ファイルレス形式で動作し、ランサムウェア行為を実行する主体は、感染システムの多数の正常なプロセスである。すなわち、一度感染すると治療が非常に難ししランサムウェアであると言うことができる。 以下の…

NEMTYランサムウェア、v2.2国内で発見!

2019年12月2日、ASEC 分析チームはNEMTYランサムウェアのバージョンが2.0から2.2にアップデートされて拡散したことを発見した。「履歴書」または「不当電子商取引違反行為案内」を装った拡散方式を含め、感染除外国、感染対象、感染除外ファイル、フォルダ等すべてが既存のNEMTY REVENGE 2.0と同一である。 [拡散ファイル名] \カン・ジュギョン\履歴書\ポートフォリオ.hwp.exe \カン・ジュギョン\履歴書\履歴書.hwp.exe \イ・シウ\___\___.hwp.exe \チャン・ミンウ\___\___.hwp.exe 既存のバージョンと異なる点は、以下のようにミューテックス名が変更されたことである。 NEMTY 2.0…

素早く変化するBlueCrabランサムウェアの感染方式(notepad.exe)

AhnLab ASEC 分析チームは、フィッシングダウンロードページによって拡散している JavaScript 形式の BlueCrab(=Sodinokibi) ランサムウェアの観察を続けている。このフィッシングダウンロードページは、ユーティリティダウンロードページに偽装しており、[図1] のように Google 検索の上部に表示されるケースも発見されている。これらの感染方式は、過去の GandCrab ランサムウェアから使用されている方法であり、すでに広く知られている内容である。…

「給与明細書」メールで拡散しているExcel文書に注意

10月17日から国内企業をターゲットにダウンローダーのマルウェアを拡散させるスパムメールが多数出回っており、ユーザーの注意が必要である。 現在確認されている国内企業をターゲットとして出回っているスパムメールの件名は「10月給与明細書」と「XX見積書」である。このスパムメールは「QF001_1093_101819.xls」、「P001_102019_4472.xls」のようなファイル名のMicrosoft Office Excel文書のファイルを添付、もしくはOneDriveに偽装したフィッシングページからダウンロードさせる。メールの送信者は「キム・ソナ」であり、送信者とメール件名の内容は異なる可能性が高い。 不正Excel文書を開くと次のような画面が表示され、ユーザーによるマクロの有効化を誘導する。マクロの有効化を許可した場合、内部に含まれている不正なマクロが実行される。 マクロの有効化を誘導する画像マクロを有効化すると、不正なマクロの実行以外にも上記のようなロード画面が表示される Excel文書に含まれているマクロコードの機能は、不正なDLLをドロップした後にロードして実行する方式である。 以降、不正なDLLをロードして実行するルーティンが継続する。すなわち、実際の不正な行為はexcel.exeプロセスに(内部の不正なdll)よって行われる。マルウェアはx86、x64環境に応じてそれぞれ異なるバージョンのDLLをドロップおよびロードするが、実際の機能は同じである。  DLLマルウェアはC2に接続してコンピュータ名、ユーザー名、OSバージョンおよびアーキテクチャ等の基本情報を送信した後、ダウンローダーの機能を実行することができる。現在、以下のC2への接続は不可能であり、ダウンロードされるマルウェアは確認できない。 C&Cサーバー:https://windows-wsus-update[.]com/f1711 正常なC2への接続が行われた場合、ダウンロードされるマルウェアを実行する方式以外にも、別のプロセスにインジェクションする機能も存在する。すなわち、excel.exe内部で実行されるダウンロードマルウェア以外に、別のマルウェアも他の正常なプロセス内で実行される場合がある。 アンラボは、スパムメールとして出回っている不正なドキュメントファイルとダウンロードされる実行ファイルを、次のように診断している。また、不正Wordファイルがアクセスする不正なC&CアドレスをASDネットワークを通して遮断している。…