マルウェアの情報

V3 プロセスメモリ検知機能による脆弱性(CVE-2021-26411)の検知(Magniber)

ファイルレス(Fileless)形式で動作するマグニバー(Magniber)ランサムウェアは、2021年3月に従来の CVE-2020-0968 脆弱性の代わりに CVE-2021-26411 脆弱性を使用するスクリプトに変更された。マグニバー(Magniber)ランサムウェアは、いまだに韓国国内での被害事例が多い状況であり、IE の脆弱性(CVE-2021-26411)を利用して拡散しているため、IE ユーザーの場合はセキュリティパッチの適用が必須とされている。V3 製品に搭載された「プロセスメモリ検知」機能により、最新のマグニバー(Magniber)を検知/遮断することが可能である。 マグニバー(Magniber)ランサムウェアは IE ブラウザの脆弱性を利用した感染によって(別途でファイル生成を行わず)ファイルレス形式で動作し、インジェクション(Injection)を利用したファイルレス形式で実行される。  したがって、ランサムウェア行為を実行する主体は、感染システムの多数の正常なプロセスである。…