Ransomware

Koxic ランサムウェア、韓国国内で拡散中

Koxic ランサムウェアが韓国国内で拡散していることが確認された。今年の初めにこのランサムウェアは初めて収集されたが、ファイルのフレームワークと内部のランサムノートが変形されたファイルが、最近になって ASD インフラを通して検知および遮断された履歴が確認された。 感染すると、暗号化されたファイルの名前に「.KOXIC_[ランダムな文字列]」拡張子が追加され、各ディレクトリに TXT ファイルのランサムノートを生成する。ランサムノートのファイル名は以下の通りである。 最近収集されたサンプルのランサムノートは、一時期韓国国内で活発に配布されていた BlueCrab(Sodinokibi, REvil)ランサムウェアと類似している。 BlueCrab の場合、別途の…

素早く変化している Magniber ランサムウェア

Magniber ランサムウェアは最近、素早く変化している。拡張子の変更からインジェクション、UAC 回避の手法まで、最近 Magniber ランサムウェアはアンチウイルスの検知を回避するために素早い変形を見せている。過去に把握されてきた解析内容を通じて、ここ数か月間の Magniber ランサムウェアの変化を当記事にて整理した。 [表1]は Magniber ランサムウェアの日付別配布ファイルの主な特徴である。4か月間にわたり msi、cpl、jse、js、wsf の5種類の拡張子で配布され、直近の9月には4回(cpl…

Word ドキュメントを通じて拡散する LockBit 3.0 ランサムウェア

ASEC 分析チームは入社志望に偽装したメールで拡散している NSIS 形式の LockBit 3.0 ランサムウェアが Word ドキュメント形式でも拡散していることを確認した。正確な配布経路は確認されていないが、配布ファイル名に「イム・ギュミン.docx」、「ジョン・チェリン.docx」等の、人名を使用していることからして、以前と同じくエントリーシートを装って配布されたものと推定される。 確認された Word ドキュメント内部の…